読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「セックスと恋愛関係」に関する調査結果から見えてくる教訓がライフハックとしても役立つ件

f:id:nakamotokun:20161123010622j:plain

 

最近発表されたセックスライフの満足度に関する調査結果によると、短期的には満足できない場合でも、お互い改善を目指して努力してゆくマインドを持ったカップルは長期的に満足度の高いセックスライフを楽しみ、その結果恋愛関係にもプラスに作用する、ということが分かりました(The secret to a happy sex life)。

 

そしてこの考え方は、セックスと恋愛ということに限らず、キャリアアップや技術習得などあらゆることに応用できそうです。

 

今はセックスや恋愛の悩みのない人でも、この考え方でいろいろな現状を改善できる可能性があるのではないでしょうか。

 

 

【調査の内容】

1,900人におよぶこの調査の対象者たちは、大ざっぱに言ってふたつの考え方に分けられることがわかりました。

 

ひとつはセックスの満足度はパートナーとの相性しだいで決まると思い込んでいる人たち(①)。

もうひとつはセックスライフに成長の可能性を見出している人たち(②)です。

 

 

①「セックスが上手く行かないから、この相手とは満足できない」と考える人たち

セックスの満足度を運や成り行きに任せてしまう人たちがいます。

 

こういう人たちは、セックスによって自分たちの恋愛関係がどれだけ上手くいっているかを計ろうと考えてしまいます。

 

そしてベッドルームでの問題を二人の恋愛関係全体の問題として位置づけてしまうのです。

 

 

②「今はセックスが上手く行っていないが、二人で時間をかけて改善できる」と考える人たち

一方、セックスを相手との相性だけに依存しない人たちは、最終的により長く、より満足度の高い恋愛関係を築くことができます。

 

このタイプの人たちは、二人のセックスライフの成長を信じることができる人たちです。

 

そして自分たちがセックスの問題を解決できると信じるだけではなく、セックスの問題が二人の恋愛関係に影響を与えないようにすることができます。

 

 

【結論、そしてその応用編】

つまるところ、すぐに上手く行くことを期待するのではなく、パートナーとコミュニケーションをとりいっしょに工夫してゆこうとするのであれば、誰でもよりよいセックスライフを迎えることができる可能性が高くなるのです。

 

この調査はあくまでセックスと恋愛満足度を対象としたものですが、同じ考え方や態度が私たちのキャリアアップや技術習得にも応用できるでしょう。

 

新しい職場で働き始めたとき、今までやったことのない仕事を初めてやってみるとき、往々にして初めは上手くいかないことがほとんどです。

 

その時、私たちはどうしても「この職場とは相性が悪い」「自分はこの仕事は向いていない」などと結論を急いでしまいがちです。

 

しかし上記のセックスライフと同じく、現状を改善できる可能性を信じ、工夫してゆこうと努力できるかどうかで、長期的に満足できるかどうかが決まってくるのです。

 

もし今自分があまり思わしくない状況にいて、それが相性や向き不向きが原因であるように感じていたとしても、早合点しないでちょっと立ち止まってみましょう。

 

そして現状を改善できる可能性を信じられるか、自分に問い直してみてはどうでしょうか。