読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「おひとりさま」時間を持つことの9つのメリット

 

f:id:nakamotokun:20151123155013j:plain

 

人は集団生活を営む社会的動物です。

その意味でいうと、一人で時間を過ごすことは、人間本来の習性とはそぐわないことなのかもしれません。

 

しかし、ときには一人の時間も必要です。

また自分では望まなくとも、一人の時間を過ごさなくてはいけない場合もあるでしょう。

 

ここでは、そんな「おひとりさま」時間を過ごすことで私たちがどのようなメリットを期待できるか、考えてみましょう。

そして今後の「おひとりさま」タイムを、自分が望むものであってもそうでなくても、十分意義のあるものとして過ごしたいものです。

 

 

1. じっくり考える時間を持てる

毎日の生活はときとしてコントロールできない状態になることがあります。

 

いい意味でも悪い意味でも、追いついてゆくのが精一杯で時間がどんどん過ぎていってしまいます。

 

一週間、ときには一ヶ月があっという間に過ぎて行き、身の回りのことに目を向ける暇もないまま過ごす場合もあるでしょう。

 

しかし一人になることで、自分にとって大切なことに思いをめぐらし、すでに起きた出来事についての自分の気持ちを整理することができます。

 

こういう時間を持たないと、私たちはいつの間にか日常生活の流れに飲み込まれたままとなり、頭の中の混乱を何とか落ち着かせようとするため、さらに心配事やストレスを抱えることになるのです。

 

 

2. 創造性を育むことができる

あなたがライターやアーティスト、ミュージシャンなどではなくても、私たちは自分たちの創造力を発揮できる場所が必要です。

 

そしてその創造力に栄養を与え育てる時間を、出来る限り持つことが必要なのです。

 

自分ひとりの時間を持つことで、自分の精神をオープンにし新しいアイデアを探し、そのアイデアを活かすモチベーションと機会が与えられるでしょう。

 

 

3. 身も心も「充電」する

人とともに過ごすことは楽しい反面、とても疲れることです。

 

つねに意識を高く持ち、身の回りに対するアンテナを張り、参加しなくてはいけない会話に注意力を注ぐ必要があるからです。

 

職場でもプライベートでも、人と交流することは前向きなことですが、精神を疲れさせてしまう面があることも事実です。

 

しかし一人でいるときは、身も心も充電しなおし、元の自然な自分に戻すことが出来ます。

 

そうすることで、また人中に戻るときにはリフレッシュされた気持ちで、エネルギーに満ち、気分良く話したり活動したり出来るのです。

 

 

4. 自分自身をより深く知ることができる

一人で時間を過ごすときは、誰の考えでもなく自分自身の思いを最優先で考えることができます。

 

このとき、私たちは自分の性格の奥深くまで見出すことができるのです。

 

自分自身を良く知れば知るほど、自分自身が実は素晴らしい人間であることに気づくでしょう。

 

 

5. 独立心を育てる

一人でいるとき、人は他人の意見やアドバイス、助けなどに頼ることはできません。

 

自分で全ての決断をするため、ときには恐ろしいこともありますが、だんだん自分自身に頼ることができるようになってきます。

 

これは素晴らしいことです。

 

独立心が育つということは、自分を信じることができるようになることであり、それはまた他人と一緒にいるときにも自信となって現れてくるものなのです。

 

 

6. 他人と一緒にいるときには見聞きしないものに出会える

私たちは沈黙を避けようとするため、意味のないおしゃべりをするものです。

 

しかし、必要なこと以外しゃべらなければ、ふだんでは気にも留めないことが眼に入ってきたり、耳に飛び込んできたりするものです。

 

こんなときは誰でも、日常の小さなことに喜びを見出すことができるようになります。

 

一人でいるときには、こういう「小さな幸せ」を感じ取ることができるのです。

 

 

7. 何でもやりたいことができる

何を食べるか、どの映画を見るか、どの観光地を訪れるか、など他人と一緒にいるとある程度妥協しなければいけないことも、一人でいるときは自由に決めることができます。

 

ときには一緒に時間を過ごす人がいたほうが楽しいことも確かです。

 

しかし、自分がやりたいことを自分がやりたいとおりに出来るということは、人生をエキサイティングに、そして満足のいくものにしてくれるのです。

 

 

8. 生産性があがる

まわりに気を取られることがない状況にいれば、ふだんより多くのことをやり終えることができます。

 

ときには自分だけの時間をもうけ、今まで「To Doリスト」にずっと載ったままだったことを全てやり終えることにエネルギーを注ぐことも大事です。

 

これはとても有意義な時間の使いかたとえいるでしょう。

 

 

9. ふだん一緒にいる人に対する感謝の気持ちを再確認できる

一人の時間を過ごすと、心がまわりのものに対してより愛着を抱くようになります。

 

ふだん一緒にいることが多い人たちからあえて距離を置き、しばらく一人の時間を過ごすことで、そういったまわりの人たちがとても重要でかけがえのない人たちであることに気づくでしょう。

 

その結果、あなたはあらためてまわりの人たちと一緒に働いたり過ごしたりできることに、喜びを見出すに違いありません。

 

9 Reasons Alone Time Is Good For Your Soul