読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事の生産性を高める5つのヒント

f:id:nakamotokun:20150512184845j:plain

 

私たちはみなストレスを感じ、長時間働くことを求められ、同時にいくつもの仕事をこなさなければいけない状況におかれています。

 

その一方で、自分にとって本当に価値のあるもの、睡眠やエクササイズ、健康的な食生活や家族との時間などを犠牲にしているのです。

 

しかし私たちの誰一人として、人生がこのようになるべきだなどと信じているわけではありません。

 

ぜひとも生産性を向上し、自分の人生を取り戻したいものです。

 

以下で紹介されている生産性向上のためのヒントには、何事も意識して行動することをその基本としています―どの仕事するかを意識して決める、その仕事をする環境を意識して整える、仕事を効率よく進めるために意識して体調を整える、などです。

 

さらに、生産性をあげるためには頭脳・カラダ・感情それぞれの求めているものに合わせる必要もでてきます。

 

以下5つのヒントを参考に、少しでも効率の良い仕事を進めてゆきましょう。

 

その1 決める時間をもつ

ひと仕事を終えたときは、生産性を高める良い機会です。

まるで自動操縦されたように働いていると、時間や周囲の状況に無感覚のまま、簡単で急ぎの仕事を優先してやってしまいがちです。

さらに大量のメールの返信に追われてしまい、気が付くと一時間が過ぎ、本当に優先順位の高かったものが手付かずのままだったりします。

私たちは、今の自分が何をするべきかを決める時間と言うものを持たなければいけません。

いったん立ち止まり、本当の優先順位を考えましょう。

 

その2 頭脳のエネルギーを上手に配分する

生産性をピークに高めるためには、頭脳にエネルギーがあるときに仕事に取り組むのがいちばんです。

頭脳が最もエネルギーを持つ時間が、一日のうち2時間あります。

意識してその2時間のうちに重要な仕事に取り組めるよう、スケジュールを組みなおしましょう。

 

その3 気が散るものがあっても、あえて避けようとしない

もちろん、ずっとSNSをチェックし続けてよいという意味ではありません。

しかし私たちの注意力と言うものは、定期的にリフレッシュされる必要があります。

リフレッシュされると、私たちの頭脳は自分の周りを見回し、何か新しいものを発見しようとする状態になれるのです。

自分の思考をあえて開放させ、窓の外を眺めるような時間をとることで、あらためて集中するための準備が出来るようになるのです。

 

その4 頭とカラダの関係を最大限に引き立てる

人の頭脳はカラダと相関関係にあります。

私たちは自分の精神面の健康とともに、カラダの健康にも集中することが必要です。

そのためには、ごく普通の健康法を欠かしてはいけません:水分を補給し、少な目の食事を回数を増やして摂り、適量のカフェインと、適度なエクササイズを行いましょう。

 

その5 仕事環境を自分に合ったものにする

生産性の高い2時間を活用するためには、環境を整え、集中力をそらすものを排除し、注意力を回復するように努めましょう。

まずは静かな場所を探します。

照明は暖かくて暗めのものより、明るめで落ち着いたものを選んでください。

机の上は片付けましょう。

 

【結び】

生産性をあげるために大切なのは、自分自身に関する理解、ということになります。

「生産性の高い2時間」と言っても、もちろん一日に2時間だけ働けばいいというわけではありません。

理想的な環境を作り、最も重要な仕事を片付けるために生産性の高い2時間を使う。そして仕事を成功に導くということが大切なのです。

 

出典:

www.forbes.com