読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職への8つのステップを理解しよう

f:id:nakamotokun:20150415134030j:plain

 

T・ディースブロック著、三谷武司訳『人はなぜ「死んだ馬」に乗り続けるのか?』には、転職へ向けた8つのステップが紹介されています。

 

ここで言う転職とは、必ずしも高い給料を求めての転職とは限りません。

 

本当に自分がやりたいことを見つけ出し、その道を歩み始めるための転職、いわば人生そのものを見直し、場合によってはやり直すための手段としての転職、と言っていいでしょう。

 

職業として今の仕事に満足している人にとっても、自分のライフワークや人間関係を見直すヒントが含まれているはずです。

 

自分が本当にしたいこと何なのか、それを見きわめて実行しなさい。

抜け殻みたいな生活を20年も続けちゃだめよ。

今この場で、自分の愛する道に進むことを決心できるんですもの。

本当は何がしたいの?

 

①転職への前段階

「何だかぼんやりと、不安を感じる。」

仕事や生活に対するぼんやりとした不満感、抑うつ的な感覚、空しさや無意味さの感覚、などを感じ始めてきます。

 

②意識化

「もうこれまで通りにはいかない。」

“変化”を求める願望が徐々に浮上してきて、時間をかけてようやく、その輪郭が見えてきます。

 

③スタートの号砲

「よしやるぞ!」

ここを去るぞという「離脱目標」、そしてどこへ逃げるかという「指向目標」が必要になります。しかし、どこへ進むかを自分で決めるのは大変なことです。ここでは指向目標をいったん脇へ置いておいて、まずは「離脱目標=スタートの号砲を撃つ勇気」を持つようにしましょう。

 

④創造的な探究

「自分の長所、願望、ビジョンはどこにある?」

人は「自分なんてこんなもんだ」とか「仕事というのはそういうものだ」と一度思うと、なかなかその考えを改めません。この段階で必要なのは、これまでの思考習慣との決別です。

  • 自分にはどんな能力があるのか?どんな経験を持っているのか?
  • 自分の関心リストにはどんなものが入ってくるのか?
  • どんな仕事ならやりたいと思えるのか?
  • 死ぬ前に振り返ってみて満足できるキャリアとはどんなものか?
  • 以上の問いに対する答えを総合すると、どんな仕事が考えられるか?

 

⑤具体化

「自分に可能なプロジェクトやプロファイルとは?」

転職成功までにどんなステップを踏むべきか?

どんなルートを進むべきか?

どんな投資が必要になるのか?

―よく調査し、考えましょう。

 

⑥決断

「自分は何をしたいのか?」

最終決断の前に、 自分なりの評価基準を定義しておきましょう。

  • 金銭的に可能か?
  • 計画に自信はあるか?
  • 自分の性格や生活環境に合うか?
  • 計画に使える時間と資金はどれくらいあるか?
  • 自立してやっていく自分の姿を想像できるか?
  • サポートしてくれる人はいるか?どんな支援が得られそうか?
  • 長い目で見て、その仕事に満足できそうか?
  • 将来的に自分に十分な成長の可能性を与えてくれそうか?
  • 転職市場の現状に照らして、この計画が実現する見込みはどの程度あるか?

 

⑦探究

「どこに行けば望みがかなうのか?」

どれだけ高い能力や資格を持っていても、またどれだけ素晴らしいアイデアや製品があっても、それを人に売り込むときに大切なのは、“インスピレーション”と“説得力”の二つです。

自分で自分を特別な存在だと思えていること。自分のアイデアに心底納得していること。それが必要条件です。

 

⑧再出発

「新しい馬に乗り換えたぞ!」

もしかしたら、最初に想像した職業とは少し違うかもしれません。でも転職というプロジェクトを一度やり遂げたのですから、このあとだって変化を続けていけるはずです! 

 

出典:

人はなぜ「死んだ馬」に乗り続けるのか? 心に働く「慣性の法則」を壊し、自由に「働く」ための26レッスン